ゆと戮

ゆとりく

朝、というほど早くなくても、まあまあのんびりした午前中に起きて、ゆっくり朝ごはんを食べて、ゆっくり化粧などの身支度を整えて、それでやっと外に出て、「ああ、私はこれからどこへでもいけるんだ」という気持ちになりたい。私は自由だから、どこに行っ…

3/9が国際ウィメンズデーでした

先日インターナショナル・ウィメンズ・デーのマーチに参加した。神宮前から渋谷まで一時間ほどかけて歩くものである。赤色のものを身につけ、また米国でのマーチで爆発的に広まったプッシー・ハットを身につけて連帯した。300人も集まったという。心強かった…

マス書いてる

今さらナンですが、特に訴えたいことや変えたいこと、使命などがあってここにこういった文を書き連ねているのではなくて、私はバカですから、人に話したり、こうやってだらだらとものを書いたりしてやっと自分の思考が整理できるのです。そして何人かの友人…

フラッシュ!アアー!

原始、女性は実に太陽であった。なるほど。かつて私も太陽と呼ばれたことがありました。ご存知のように、私の診断名はいわゆる躁鬱病というやつ。世の中には病人と、病気であることに気づかないバカしかいないから、物珍しくもなんともない。が、私は躁状態…

若松孝二の連赤映画を観たら地獄の釜開いた

あさま山荘の映画で、連合赤軍の「山岳ベース事件」「総括」の様子をみたが、これはまさにあの地獄のような、「関西弁」によって行われていた、新入社員研修とソックリではないか。威圧的な態度、私刑が自分に回ってくるのをおそれて、お互いに警戒しあい、…

古いフラッシュメモリから出土した文章が消すに忍びない

[完全遅刻マニュアル-初めに点呼で出席を取る・少人数授業の場合][はじめに]お手洗いや生協での買い物はのんびり澄ませてしまいましょう。遅刻素人のマジメ君達は今ごろ授業中。トイレもレジも空いていて、すがすがしいですね。慌てることはありません、あ…

プーに付け込むお年寄りども江

嫌だなあ。外の世界には不愉快なことがいっぱいだ。大人というのはちょっと私より先に生まれたというだけで社会の先輩面をする生き物なのかあ。年下の人間はみんな「我々が正しい道を教え導くべき愚かな存在」と思っているのかあ。 実に不愉快だね。大してお…

この国にはやっぱり何をどー考えても絶望しかない

ネットやってりゃネトウヨ期っていうのは思春期や反抗期と同じようにいつか必ず訪れるものなんだよ。あの頃の私は必死だったなあ。特にまじめな文献を読んだりまじめな研究論文には手をつけることなく(大学の図書館に行けばいくらでも手に入ったのにね)、…

意識高い系もすなる日記というものをゆとりもしてみむとてするなり

新卒で入った会社を一ヶ月で辞めマーヒーになった。フリーランスのプー太郎として日々PS3に明け暮れていたところ、優秀な後輩に暇ならブログでも書いたら?と勧められたので他にすることも(PS3以外に)思いつかず書く事にした(PS3の合間に)。 というとや…