るさんちまんこ

私ってほんと天才

古いフラッシュメモリから出土した文章が消すに忍びない

[完全遅刻マニュアル-初めに点呼で出席を取る・少人数授業の場合]

[はじめに]お手洗いや生協での買い物はのんびりすませてしまいましょう。遅刻素人のマジメ君達は今ごろ授業中。トイレもレジも空いていて、すがすがしいですね。慌てることはありません、あなたは遅刻を覚悟した勇気ある人間です。時間はたっぷりあるのです。


1.教室ではまるであなたがいてもいなくてもよい人間であることを見せつけるかのように、平然と授業が行われています。そんな中、多くの方は場の空気を乱すことに恐れをなして、後方のドアから音を立てずにゆっくりと入ってしまいます。しかし、これはいけません。あなたは泥棒ではないのです。悪者ではないのです。定時に遅れても諦めず、サボらず、つまらない授業に出ることを決心した勇者なのです。前方、教授に一番近いドアから堂々と入りましょう。

2.まだ席についてはいけません。ここが一番肝心です。前方でドアを堂々と開けたあなたに、教室中の視線は釘付け。気分はハリウッドのセレブリティ、席までの道のりはレッドカーペットです。さあ、スター気分のひとときを味わっている中、教授の視線もあなたに注がれました。あなたはどんな顔をしますか。冷静を装った涼しい顔?申し訳なさそうな顔?おお、事なかれ主義の犬どもに毒されたかわいそうなあなた。どれも違うのです。まず、こちらを見ている教授の目をしっかりとらえ、天使のように微笑みましょう。教授がこちらに目をやってくれているのはほんの1秒ですから、この時を見逃してはなりません。さて、その微笑みとセットでお辞儀もおみまいしてやりましょう。く頭を下げるだけで構いません。この一秒間の主役はあなたです。見つめて、天使の微笑み、軽いお辞儀、覚えましたか?

3.一秒たちました。そろそろこの主役の座を教授に返してあげましょう。教授はきっとあなたのまごころコンボ攻撃にノックアウトされて、出席カードや授業のプリントなどを渡してくれるはずです。「ありがとうございます」と、きちんと声に出してお礼を言いましょう。笑顔を絶やしてはいけません。プリントを受け取り、一番近い席に座りましょう。
※こちらが微笑んでお辞儀もしたというのに、さらりと無視された場合、その教授は人間として欠如しているものが多すぎます。そんな人間のなり損ないの講義など遅刻する価値もありません。切りなさい。

4.授業が再開されました。自由時間の始まりです。途中参加だからといって緊張することはありません。あたかも最初からそこにいたかのように、いたって自然に、寝るなり、遊ぶなり、話を聞いている振りをするなりして、この不毛な時間を乗り越えましょう。

5.授業が終わったら、再び教授と対峙します。気合を入れてにっこりしましょう。「先生、失礼します。途中からまいりました、○○です。」はきはきと名乗ります。少しでも後ろめたさを感じ取られるようでは、今までの努力が台無しです。にこにこ、はきはき、きっぱりと。覚えましたか?
※何度か正しい遅刻を律儀にしていますと、顔を見ただけで教授が「ああ、君ね」と、ひとりでに出席表にチェックしてくれるようになります。こうなればしめたものです。

 

[おわりに]全講義を正しく遅刻し、BないしCで取得した単位はあなたの勲章です。皆さんもこの5つのステップをしっかりとマスターし、楽しく、正しい遅刻ライフを送りましょう。

年増憎し増し増し

嫌だなあ。外の世界には不愉快なことがいっぱいだ。大人というのはちょっと私より先に生まれたというだけで社会の先輩面をする生き物なのかあ。年下の人間はみんな「我々が正しい道を教え導くべき愚かな存在」と思っているのかあ。 

実に不愉快だね。大してお互いの身上も知らないくせに、無職でバイトもせず死んでゆくニートと分かった途端、説教垂れる年寄りばかり。年寄りとっても30代より上はみんなそういう奴らだ、油断はできねえ。
しかもこいつらの説教はどいつもこいつも口裏合わせたように同じことばかり。いわく、どんな仕事も続けるうちに楽しさややりがいが分かってくるもの。 

そういえばどっかの家電量販店の年寄りもリクルートのブログか何かにこういうこと書いて、他の労働万歳派の年増から絶賛されてたな。
facebookなんかではブラック企業の社長なんかがドヤ顔で「正論。」とかいうアホ丸出しな一言と共にシェアしててヘドが出るぜ。 

どいつもこいつも。私は1ミリも尊敬してない人間から説教垂れられるのが大嫌いなんだよ。相手が年上だろうが社会的地位が高かろうが、そいつの自己満足のために、理解のある若者のフリをして愛想よく頷いてやるのも疲れたんだよ。
やりがいとか成長という言葉にどれだけの愚かな若者が騙くらかされてると思ってんだ。私はお前らのようなろくでもない年寄りに利用されるのはゴメンだ。 

せめて死ぬまでは自分が傷付かないよう細心の注意を払ってなんとか生きているのに、だから仕事だって辞めたのに、未だにこういう年増が私の心の平穏を脅かす。いい加減にしてくれ。もう放っておいてくれ。

この国にはやっぱり何をどー考えても絶望しかない

ネットやってりゃネトウヨ期っていうのは思春期や反抗期と同じようにいつか必ず訪れるものなんだよ。あの頃の私は必死だったなあ。特にまじめな文献を読んだりまじめな研究論文には手をつけることなく(大学の図書館に行けばいくらでも手に入ったのにね)、スナック感覚日本賞賛ストーリーと他国バッシングを消費して毎日を過ごしていたよ。有楽町の駅前で、右翼の凱旋車が君が代を大音量で流していて自然と涙が出てきたね。今思うとこの歳にして黒歴史をまた一つ増やしてしまったことに涙が出ちゃうよ。

だいたい私はすぐに洗脳されてしまうタイプなんだよ。しかもある程度信頼をおいていたり、この人あったまいー!と思っている人に諭されてしまうと、もうダメ。JKの頃すごくお世話になった昔のカテキョの先生がいつの間にかマルチの上の方の位のエヴァンジェリストだかヴィヴィアンウェストウッドだかになってたときなんか、当時の恋人に落ち着け!目を覚ませ!って止められなけりゃ入信(マルチだから入会か?)してたね、ほんと。

今私はとても不安だよ、私を今たったひとつ支えているこの「フェミニズム」さえ洗脳だったらどうしようと。

私は大学でこのフェミニズムという知恵の実をかじったせいで社会で起こっている色々なことに怒ったり絶望したりしているわけなんだけど、もしその知恵の実の存在自体を知らなかったら?

怒ったり絶望したりせずに楽しく生きていけていたのかなと。

その思いが強くて、もし私が間違っていたら止めてくれという思いで、女子も男子も問わず友人と話す機会があると、スキを見て私は自分の絶望論を披露しているよ。最近だったらセクハラ野次、W杯渋谷スクランブル同時多発痴漢。#YesAllWomenと#NotAllMenとか。
色々議論になるけどハナっから「仕方ない、そんなことに怒っても仕方ない」と私の絶望にポケムヒ塗るような男根はまだ居なくて、ちゃんと聞いてくれるから、私はまだ洗脳されてないと思う。多分。ふつーに考えて「おかしい」ことを「おかしい」ってブーブー言ってる範疇なんだと思う。

 

絶望はどうにもならないんだけどね。

女性が男性と同等の権利を主張するだけで「フェミだ!」と石持て追われるのに、いわんや、セクマイをや。
いやあ、家に引きこもっていれば何にも干渉されずに誰にも傷つけられずに生きていけるのに、わざわざパソコン開いてSNSを駆使して、世の中の心無い男根とそのなかまたちの存在に絶望している私はたいへんに愚かなのではないか?これを精神的リストカットとでも呼ぶか。

意識高い系もすなる日記というものをゆとりもしてみむとてするなり

新卒で入った会社を一ヶ月で辞めマーヒーになった。フリーランスのプー太郎として日々PS3に明け暮れていたところ、優秀な後輩に暇ならブログでも書いたら?と勧められたので他にすることも(PS3以外に)思いつかず書く事にした(PS3の合間に)。

というとやはりアメブロか?ポップでヤングにヤプログか?楽天ダイヤモンド会員を1年間キープするお買い物中毒な私!には楽天ブログか?ステマとアフィと福袋の写真付き中バレに明け暮れるのも悪くない。

だが優秀な彼の言うことにゃあはてなブログはなんとなく他のブログより知識人らしい感じがあり、ありがたみのありそうなことを書いて自己満足したり炎上させたりするにはぴったりですよ、と言われたので、その通りにした。

現在私は自分を人質に取った上で、優しい人々に囲まれ何不自由なく暮らしているので、これから何か実になるようなことがあるかと聞かれれば、ないよ。

そういったことはFacebookで日本内外の誰彼と人脈拡張に余念のないあいつ、起業を目指して日々セミナーや交流会に通うそいつが、誰の友達にも一人はいるだろうから、そういった人々のtwitterをフォローしていれば、いいんだよ。

 

今私が身をもって言えるありがたみのありそうなことと言えば、こんなクソみたいな世の中、誰もが呼吸をして生きているだけで偉いんだよ。志を高くもっていようがいまいが、生きているだけで私は君たちを誇りに思うよ。だから私のことも誇りに思え。

ということだけです。