ゆと戮

ゆとりく

朝、というほど早くなくても、まあまあのんびりした午前中に起きて、ゆっくり朝ごはんを食べて、ゆっくり化粧などの身支度を整えて、それでやっと外に出て、「ああ、私はこれからどこへでもいけるんだ」という気持ちになりたい。私は自由だから、どこに行っても、行かなくても構わないんだけど、どこへでも行ける格好を整えて、改めてその自由を味わいたい。

3/9が国際ウィメンズデーでした

先日インターナショナル・ウィメンズ・デーのマーチに参加した。神宮前から渋谷まで一時間ほどかけて歩くものである。赤色のものを身につけ、また米国でのマーチで爆発的に広まったプッシー・ハットを身につけて連帯した。300人も集まったという。心強かった。先導車を前にコールして歩くのは、いかんせん古めかしい運動のにおいも漂ったが、太鼓をどんどこ鳴らしてやるものでもなく(先人たちを否定するわけじゃないが、今時分はどうにも太鼓ドンドコで声を合わせてコールというのが、ださくかんじてしまっていけない)一人ひとりが主張したいプラカードや旗を掲げて歩くのは心身によいことだった。私も何か主張したいことを書いて掲げていけばよかったと思ったが、テーマを「女性」と広く括ったとき、一言に主張をまとめろと言われても無理と気付いた。
現場にやってきたインタビュアーの女性が我々に聞いた。「何を変えたくてマーチに参加されたんですか」一緒に歩いた聡明な友人が代わって答えてくれた。「えっ?何もかも」その通りだ。ジェンダーギャップ指数で生き恥を晒し続けるこの国で、何から主張していったらいいかわからない。おまけに社会の態度は無関心か無理解かである。言いたいことが多すぎて、同志の無念が私にのりうつって、結局口をついて出るのは怒りと絶望だ。主張たりえない。

マーチで繰り返しコールしたのは「マジでやばい!」「マジでつらい!」だった。保育園落ちて、マジでやばい。賃金安くて、マジでつらい。セクハラ・パワハラ、マジでやばい!こう声を合わせて歩いた。確かに現状はやばいしつらい。ただこのコールにさえ抑圧された女性性を感じると言ったら私はビョーキだろうか。みんながそう思ってるとは言わないが、少なくとも私は今でも思っている。「日本死ね!」。そうだよ、日本死ね!満腔の怒りと深い絶望が絞り出した断末魔だよ!
しかしそう発したが最後、また表現が不適切とか、「母親としてどうなのか」とか、主張を一ミリも理解していないうすら馬鹿どもに揚げ足を取られる。命と尊厳が危機に瀕していても、私たちには、こんなかわいい抵抗しか許されていない。

マス書いてる

今さらナンですが、特に訴えたいことや変えたいこと、使命などがあってここにこういった文を書き連ねているのではなくて、私はバカですから、人に話したり、こうやってだらだらとものを書いたりしてやっと自分の思考が整理できるのです。
そして何人かの友人には申しましたが、鬱病に筆を折られてはや3年、自分の日本語運用能力に、親に膨大なお金をかけてもらい四年制大学の文系学科に通わせて頂いた身分として恥ずかしいほどの凋落を感じたのがもうひとつの理由です。たいていの文章読本は、どんな瑣末なことでもどんな駄文でも構わないから、文章は毎日ドンドン書けといったことを主張しているものだから。とはいえ、毎日は無理に決まっている、私は飽き性だから。
自分のためのブログです。この建前を、はしたねえ上の口が述べながらも、時々波のように押し寄せる自己承認欲求の奴隷になる。ふとした時に、私が評価や感想をあなたたちに求めたことがあったら、謝りたい。いや、あったのだ。すまなかった。許しておくれ。

フラッシュ!アアー!

原始、女性は実に太陽であった。なるほど。かつて私も太陽と呼ばれたことがありました。
ご存知のように、私の診断名はいわゆる躁鬱病というやつ。世の中には病人と、病気であることに気づかないバカしかいないから、物珍しくもなんともない。が、私は躁状態のときのすがたが、異形なほどに陽気で、大胆で、パフォーマティブだった。もともと派手な外見も手伝って、他人の目を通した私は、まさに太陽のようにエナジーに満ち、光り輝いて、周囲を照らして見えたのだろう。
そもそも鬱のときは外に出ることができないから、表に出ているときは常に躁か、それに近しい状態だった。それなら、周りの評価が「明るく元気な人だ」となるのは、仕方がないよね。


かくして、当時の友人も恋人も、私に「輝く太陽」の二つ名を付与した。元々洗脳されやすく、自己暗示にもかかりやすかった私は、すっかりその気になった。その後どんなに落ち込んでも、誰かを照らして、元気を分け与えることができたのだと考えると、少しは励まされた。この建前とともに、人の上に君臨しているような畏れ多い表象が、ただただ私の気分を良くした。

 

就職活動などという、この国でもっとも愚かで醜い茶番においてさえ、私は太陽になりきった。驚異的な個性の殺傷能力を誇る"就活スーツ"に袖を通すことで精神を蝕まれたけれども、外出しているなら躁だった。どんな状況でも、緊張などしなかった。狂ったようにアクティブな振る舞いを見せた。だから、初対面の就活生(サクリファイスと読む)も、能無しの人事部や幹部陣どもも、迷わず私に「明るく健全な狂人」の太鼓判を押した。何度「コメディアンになる気はないの?」という、考えなしの言葉を掛けられたことか。ばかやろう、狂人にコメディアンが務まるとでも思いでか。狂人のふりが上手い賢者をコメディアンというんだ。

 


今、女性は青白い顔の月である。そりゃ残念だ。私はアウトドア嫌いの出不精だが、生まれつき顔色が非常に良い。労働苦役のストレスから解放されたおかげで肌はつやつや光っているし、女性を青白い月たらしめている社会への憎悪が、日々フレアのように爆発している。全身怒りの火だるまとなって、酸素を燃焼させるとき、私は明るく快活に見えるかもしれないが、もうポジティブなる狂気で自分と周囲を騙くらかす必要もないの。


数少ない、学生時代より尊敬するわが先輩が、あらためて私に与えてくれた名は「フラッシュ」。私は膝を叩いて納得し、この名を喜んで受け取った。
太陽に擬態することで、自己顕示欲を我が物にした躁病者は死んだ!死んでるよね?頼むから死んでますように。

見ての通りこの世はあまりにも冷血で、お寒い。でも、この身を焦がしながら暖かく降り注いでやるのは終わりだ。私は憎しみの炎で自分の体を温める。最後の一瞬、まばゆい光となって社会を照らし、あなたの目を開くことができるなら、いつ肉体が滅びたって構わない。

若松孝二の連赤映画を観たら地獄の釜開いた

 

あさま山荘の映画で、連合赤軍の「山岳ベース事件」「総括」の様子をみたが、これはまさにあの地獄のような、「関西弁」によって行われていた、新入社員研修とソックリではないか。威圧的な態度、私刑が自分に回ってくるのをおそれて、お互いに警戒しあい、密告し合うこの雰囲気、奴らがやっていたことはこの山岳ベースでのあの光景と重なる。肉体的な暴力や人死に沙汰が伴わないだけで、奴らがやっていたのはこのサイコパスによる圧政だ。
山岳ベースの様子は精神をごりごりと削っていくような酸鼻を極める映像の連続だったが、終盤、山荘に立てこもってからは、思わず坂口や坂東、まだ幼い加藤弟に同情してしまう(監督の意図のままに)。

まだ高校生にもかかわらず、目の前で人が殴られ、血を流し、縛り上げられるのを見、兄まで殺された加藤元久が、本当にあの場でああ叫んだのか、映画の脚色なのか、わからない。だが胸を打ったのは確かである。


あの研修で私に必要なのはあの場をぶっ壊す勇気であった。仲間たちを目覚めさせる言葉であった。怒られることに慣れていない、虚弱者、ゆとりと、馬鹿にされ続けた結果、あの地獄へと、打開策をアウトソーシングに頼ることしか考えられない、脳味噌の腐った上司によって放り込まれた、同志を私は見捨てたのである。
なぜ私がここで見捨てたと言うのか。私は同志たちとともに研修を受け、傷付けられただけである。私も被害者であると言える。だが私は彼ら彼女らを見捨てたという気持ちを捨てきれない。それは私がこの二週間後には重度の鬱になり、一年間希死念慮に悩まされることになるほど、生真面目者であったことも一つの理由である。
もう一つの重大なる理由は、私は圧政者、またこの地獄のシナリオを書いた張本人である「関西弁」(彼らのくだらない名前などは、忘れてしまったから、彼らが我々に大声で怒り叫んだときの恐ろしい、世にも下品な方言で彼らをよぶ)の、メッキが剥がれた瞬間を見たからである。

私は地獄の研修の1日目を休んだ。慣れない大声を出す仕事の連続で(この時点で私がこの仕事に向いていないことは明らかだったが、それはまた別の話だ)声帯炎のためである。高い追加料金を払い、医者に診断書まで貰った。診断書を叩きつけ、研修には参加するが、なるべく言葉は発しない、という特例を、上司どもに要求するためである。
かくして私は2日目から研修に参加した。研修が行われているすえた宿舎へ入る。スーツを着込み、会議室のようなところへ行く。果してすでに地獄である。会議室ぜんたいに広がり、同志たちが輪になっている。すでにみなの表情は新入社員が能無しの上司に理不尽な叱責をうけているときの、不愉快さと恐れの入り混じったものである。背中にいやな汗が噴き出した。関西弁が大声を出している。「昨晩の女子風呂の使い方はなんや!椅子も桶も出しっ放し!お前らはその歳で後片付けもまともにできひんのか!」文字におこすと噴飯ものの、この怒号が我々の頭にふりかかってきたのである。「男子!お前らもやぞ!」内容は忘れたが、自分たちは関係ないと安心してしまわないよう、関西弁はしっかりと男子にもその下卑た言語を、犬が雑草に小便するみたいに浴びせていた。同志は男女ともにさばかれていた。
私が見たメッキの禿げはその横で起こっていた。私はスーツを着込み、自分の直属の上司(といってももちろん、今となってはこう呼ぶのが恥ずかしいほど、評価できる点のない能無しである)の横に控えていた。関西弁の下っ端のような奴に挨拶をする。私は頭を下げた。下っ端も頭を下げた。奴はフトコロに手を突っ込み……
名刺を出そうとしたのである!
私を「ゆとり」の同志でなく、「上司」側の人間と思ったのだ!
奴らは「上司」側の人間に雇われただけの、安い安い「研修屋」だ!
こいつらは我々「ゆとり」に対して恐怖政治を敷き、我々をコントロールしようとしている!
この瞬間に私は悟った。下っ端は私が「ゆとり」であるとわかった瞬間から、横柄な態度を取り始めた。その姿はなんとも滑稽であった。
例の、小便を引っ掛けまわすような理不尽な怒りの裁きが、下っ端のチープな板金を目撃している横で続けられていた。関西弁は今度は「常に胸にしているように」と指示したはずの名札をしていないことを理由に、男子の同志二名を吊るし上げ始めた。「何で名札してへんねん!」「朝、早かったので……」「カバンに入れてしまい……」あわれ、同志はこのように口答えをしてしまったがために、関西弁の怒りの膀胱をつついてしまった。関西弁はしょんべん怒号を浴びせ続ける効果が薄くなってきたと思ったのだのだろう。彼らを吊し上げるために自分の手ではなく、我々の手を汚すことを考えた。安い研修屋の考えそうなことだ。「お前ら!◯◯と◯◯(名札を忘れた二人)がなんでそんなミスを犯したのか、もう同じことを繰り返さないためにはどうしたらいいか、一緒に考えたれ!」こういうようなことを言ったような気がする。こうなると、同志たちはその怒りが自分に降りかからないよう必死である。「もともとだらしないところがあった」「もっとお互いに監視しておくべきだった」恐ろしくて思い出せない。こんなものではなく、残酷な言葉が飛び交う。男子二人は目を赤くして聞いている。これは私刑であった。間違いなくそうだった。二十名ほどの同世代のものたちに一斉に罪を咎められ反省を促されるのだ!山岳ベースでいうところの、「総括」だ!

 

私は、下っ端だけでなく、「関西弁」のメッキが禿げる瞬間も見ている。
私は途中参加者だから、関西弁に直接挨拶をしにいった。関西弁はなんとも愚かなことに下っ端と同じミスを犯し、スーツ姿で堂々としている私を見て、懐に手を突っ込みかけた。私はそれを小気味よく見ながら、自己紹介をした。このとき関西弁が返した内容をすっかり私は失念してしまった。取るに足らないことだったのだろう。しかしはっきりと覚えているのは、それがあまりにも「メソッド的」な返事だったということだ。まず私の自信をくじき、信じられないほどひどいことを言う。そのあと、少しばかり希望を持たせるようなことを言い、薄っぺらな笑顔で私に「頑張れ」といった言葉をかける。先述のとおり笑顔以上に内容も薄っぺらだったから、すっかり忘れてしまったが、とにかく関西弁は「恐怖でコントロールしようとしている」ことが透けて見える話をしたのだ。


だが、私は駄目だった。奴らの安いメソッドを、禿げたメッキを知りながら、同志たちに警鐘を鳴らさなかった。耳を貸すな。こんな研修とっとと逃げちまえ。どうせなんの役にも立たない。
今、あの場にもう一度立てるなら、私は大声で叫ぶ。「お前たちの策略はお見通しだ。お前たちの思い通りになんかならない。こんなクソの役にも立たねえ研修で、よくも私たちの時間を無駄にしてくれたな。」
そして盛大にドアを開け、出て行き、これまた盛大にドアを閉め、信じられないスピードで家に帰るのだ。もちろんそのあとは信じられないスピードで辞表を出す。
でも、あのときそんなことができたら、鬱病になんかなっていないよね。

今でこそ、私は時間はかかったがこうして立ち直った。研修所で一緒だった「ゆとり」の同志たちは、今どうしているだろう。あの研修は無意味だった、理不尽だった、時間の無駄だったと、もう気付いていますように。でも、一人でもあれを真に受けて、生まれ変わったような気持ちのままに(事実、奴らは私たちを理不尽な怒りにも不満を述べない不感症の馬鹿に生まれ変わらせたかったんだ)世に言うブラック企業で酷使されていたらどうしよう。その可能性を考えたとき、私は一人でいまこうして愉快に過ごしている自分を鑑みて、彼ら彼女らを見捨てたと思うのである。

 

映画のラストシーン、警察が強行突入してくる日の朝、人質にとっている山荘の女将に握らせたおにぎりを見て、坂東が言う。「同志たちにも食わせてやりたかったな」リーダー格の坂口がこたえる。「流れたあいつらの血を受け継ぐのが俺たちの戦いだ。俺たちの借りは、死んだ同志たちにある。この借りを返そう」吉野が続ける。「ああ、落とし前をつけよう」
そして加藤元久は最後に叫んだ。自分よりずっと年上の、兄殺したちを前にして叫んだ。「何言ってんだよ!今さら落とし前が付けられるかよ!俺たち、みんな、勇気がなかったんだよ!俺も、あんたも!勇気がなかったんだよ!」

 

古いフラッシュメモリから出土した文章が消すに忍びない

[完全遅刻マニュアル-初めに点呼で出席を取る・少人数授業の場合]

[はじめに]お手洗いや生協での買い物はのんびり澄ませてしまいましょう。遅刻素人のマジメ君達は今ごろ授業中。トイレもレジも空いていて、すがすがしいですね。慌てることはありません、あなたは遅刻を覚悟した勇気ある人間です。時間はたっぷりあるのです。


1.教室ではまるであなたがいてもいなくてもよい人間であることを見せつけるかのように、平然と授業が行われています。そんな中、多くの方は場の空気を乱すことに恐れをなして、後方のドアから音を立てずにゆっくりと入ってしまいます。しかし、これはいけません。あなたは泥棒ではないのです。悪者ではないのです。定時に遅れても諦めず、サボらず、つまらない授業に出ることを決心した勇者なのです。前方、教授に一番近いドアから堂々と入りましょう。

2.まだ席についてはいけません。ここが一番肝心です。前方でドアを堂々と開けたあなたに、教室中の視線は釘付け。気分はハリウッドのセレブリティ、席までの道のりはレッドカーペットです。さあ、スター気分のひとときを味わっている中、教授の視線もあなたに注がれました。あなたはどんな顔をしますか。冷静を装った涼しい顔?申し訳なさそうな顔?おお、事なかれ主義の犬どもに毒されたかわいそうなあなた。どれも違うのです。まず、こちらを見ている教授の目をしっかりとらえ、天使のように微笑みましょう。教授がこちらに目をやってくれているのはほんの1秒ですから、この時を見逃してはなりません。さて、その微笑みとセットでお辞儀もおみまいしてやりましょう。く頭を下げるだけで構いません。この一秒間の主役はあなたです。見つめて、天使の微笑み、軽いお辞儀、覚えましたか?

3.一秒たちました。そろそろこの主役の座を教授に返してあげましょう。教授はきっとあなたのまごころコンボ攻撃にノックアウトされて、出席カードや授業のプリントなどを渡してくれるはずです。「ありがとうございます」と、きちんと声に出してお礼を言いましょう。笑顔を絶やしてはいけません。プリントを受け取り、一番近い席に座りましょう。
※こちらが微笑んでお辞儀もしたというのに、さらりと無視された場合、その教授は人間として欠如しているものが多すぎます。そんな人間のなり損ないの講義など遅刻する価値もありません。切りなさい。

4.授業が再開されました。自由時間の始まりです。途中参加だからといって緊張することはありません。あたかも最初からそこにいたかのように、いたって自然に、寝るなり、遊ぶなり、話を聞いている振りをするなりして、この不毛な時間を乗り越えましょう。

5.授業が終わったら、再び教授と対峙します。気合を入れてにっこりしましょう。「先生、失礼します。途中からまいりました、○○です。」はきはきと名乗ります。少しでも後ろめたさを感じ取られるようでは、今までの努力が台無しです。にこにこ、はきはき、きっぱりと。覚えましたか?
※何度か正しい遅刻を律儀にしていますと、顔を見ただけで教授が「ああ、君ね」と、ひとりでに出席表にチェックしてくれるようになります。こうなればしめたものです。

 

[おわりに]全講義を正しく遅刻し、BないしCで取得した単位はあなたの勲章です。皆さんもこの5つのステップをしっかりとマスターし、楽しく、正しい遅刻ライフを送りましょう。

プーに付け込むお年寄りども江

嫌だなあ。外の世界には不愉快なことがいっぱいだ。大人というのはちょっと私より先に生まれたというだけで社会の先輩面をする生き物なのかあ。年下の人間はみんな「我々が正しい道を教え導くべき愚かな存在」と思っているのかあ。 

実に不愉快だね。大してお互いの身上も知らないくせに、無職でバイトもせず死んでゆくニートと分かった途端、説教垂れる年寄りばかり。年寄りとっても30代より上はみんなそういう奴らだ、油断はできねえ。
しかもこいつらの説教はどいつもこいつも口裏合わせたように同じことばかり。いわく、どんな仕事も続けるうちに楽しさややりがいが分かってくるもの。 

そういえばどっかの家電量販店の年寄りもリクルートのブログか何かにこういうこと書いて、他の労働万歳派の年増から絶賛されてたな。
facebookなんかではブラック企業の社長なんかがドヤ顔で「正論。」とかいうアホ丸出しな一言と共にシェアしててヘドが出るぜ。 

どいつもこいつも。私は1ミリも尊敬してない人間から説教垂れられるのが大嫌いなんだよ。相手が年上だろうが社会的地位が高かろうが、そいつの自己満足のために、理解のある若者のフリをして愛想よく頷いてやるのも疲れたんだよ。。
やりがいとか成長という言葉にどれだけの愚かな若者が騙くらかされてると思ってんだ。私はお前らのようなろくでもない年寄りに利用されるのはゴメンだ。 

せめて死ぬまでは自分が傷付かないよう細心の注意を払ってなんとか生きているのに、だから仕事だって辞めたのに、未だにこういう年増が私の心の平穏を脅かす。いい加減にしてくれ。もう放っておいてくれ。